ユナイテッドアローズ取扱ALDEN58853の経年変化。着用1年4か月

人生初ALDENのユナイテッドアローズ取扱ALDEN58853。

購入から早くも1年が経ったので経年変化の様子をご紹介します。

着用モデル

  • モデル名:58853
  • ラスト:モディファイドラスト
  • サイズ:7
  • カラー:ブラック
  • 着用頻度:週1

着用頻度は週1と少なめです。やはり雨が少しでも降るかもと思うと二の足を踏んでしまいますからね。

 

全景

それでは、全景からご紹介します。

購入から1年経っても。コードバンの輝きは色褪せません。

履きシワ

履きシワは左右ではっきりと差が出てきました。歩き方にクセがあるのか革の個体差なのか。

始めのころは少し気になっていましたが、最近ではこれが世界に一つだけの自分のALDEN感が出てきて全く気にならなくりました。

サイド

サイドもこのように美しい状態をキープ出来ています。

靴同士が擦れる内側は、若干擦れ跡がついていますが、許容範囲です。

今度、さっか棒でお手入れして擦れの修復に挑戦してみます。

逆サイドはこのような感じです。

履きシワがサイドにも広がってきています。

ヒール

意外と傷つきやすいのがヒールです。細かな傷がついてきました。

また、このアングルで見るとソールの減り具合も気になりますね。

トゥに続いてヒールも修理が必要ですかね。

ソール

全体的に減りが進んでいます。

トゥの部分は先日、ラバーを貼り直したので当分の間は大丈夫そうです。

早めに対応していて良かったです。

 

インソール

インソールはロゴも消えずに残っています。

未だにこのロゴを見るたびにニヤついてしまいます。

まとめ

購入から1年以上が経ちましたが、その魅力は全く減ることが無く、いまだに履くときには傷つけてしまわないか。といういい意味での緊張感をもたらしてくれます。

今後は少し履く頻度を増やして経年変化を感じられるようにしていきたいです。

改めて良い靴に出会えたことに感謝です。