Chausser(ショセ)のコードバンclassic lineの経年変化レビュー。着用3年。

2018年4月に購入したChausser(ショセ)classic lineの経年変化(エイジング)をご紹介します。

アイテム情報
  • ブランド:chausser
  • モデル:classic line
  • 色:バーガンディー
  • 型番:C7930
  • サイズ:25
  • 購入時期:2018年4月
  • 着用頻度:週1

全体

まずは全体からご紹介します。

お手入れをしっかりしていたためか、目立った傷もなくイイ感じに経年変化しています。

トゥ部分

トゥの部分には履きシワがしっかりと入り、いい表情になってきました。

また、履き込むことで靴が足に馴染んで履きやすく歩きやすい靴になっています。

細かい傷もついていますが、近づいてようやく分かるくらいの小ささです。

小さな傷ならコードバンクリームとかっさ棒で消すことができるので、キレイな状態をキープできています。

ソール

ソールはさすがに4年間経ったためだいぶ削れてきています。

トゥのみラバースチールを付けていますがそろそろ張替えが必要そうです。

ライナー

ライナーはロゴ部分は消えたりしていませんが、踵が当たる部分は少し痛みが目立ってきました。

また、糸のほつれなど出てきています。

まとめ

雨の日を避けて履いていたため、着用頻度はほかの靴に比べると少ないですが、その分、この靴を履く日は特別感が出ます。

「今日は晴れてるしショセ履いちゃおうかな」そんな風に朝の楽しみの一つになっています。

お気に入りの靴があるだけで、日々の生活がちょっとだけ楽しくなる。

一生モノの靴の魅力の一つですね。

これからも一生モノとして長く愛用していきます。

おすすめの記事