ガラスレザー用のクリームでお手入れ。HARUTA(ハルタ)のローファーを復活させる。

梅雨の時期に活躍するガラスレザーの靴。私は、HARUTAのタッセルローファーを履いています。

ただ、問題なのは、ケアの難しさです。耐水性を高める加工ゆえに、クリームが浸透し辛いんですよね。浸透し辛いというか、個人的な感覚だと弾いてしまって全く入ってない気がしてます。

なので、いつもブラッシングしてステインリムーバーで汚れを落として終了。というお手入れをしていました。

その結果、こんな傷が消えずに残ってしまいました。

普通の革靴ならクリームで補色して傷を目立たなくするのですが、前述の通り、この靴にはクリームが入り辛く、何度か試したのですが、クロスで拭くとクリームが全て取れてしまいました。

今回使用したクリームはこちら

そんなガラスレザーに使えるクリームは無いかと探していたところ、こんな商品を見つけました。

エムモゥブレィのコードバンクリームです。こちら、コードバンクリームという名前ですが、ガラスレザーの補色にも使えるとのこと。

半信半疑ながらこのクリームでHARUTAのタッセルローファーのケアをしました。

ブラッシング

いつも通りブラッシングから始めます。

馬毛ブラシでほこりを落とすと傷がより際立ちます。

ステインリムーバー

続いておなじみのステインリムーバーです。
ガラスレザーでも、汚れ落としは同じようにできます。

ただ、思ったより汚れはついていませんでした。

細かいことですが、ネル生地でステインリムーバーを使うと毛クズがついちゃうんですよね。これは、ブラシで落としていきます。

さて、ブラッシングとステインリムーバーでケアしたのがこちらです。

パッと見るとこれでも十分きれいですが、近くで見るとやはり傷が目立ちます。

そこで、今回のケアの主役のコードバンクリームの登場です。

コードバンクリーム

先程、紹介したコードバンクリームをペネトレイトブラシに取ります。

若干ですが、青みがかって見えます。

クリームを傷の箇所に塗ると。。。

見事、消えました。
これにはビックリです。正直、期待以上です。

この調子でトゥの傷にも塗りました。
こちらも、完全には消えていませんがだいぶ目だたくなっています。

傷がついた部分は重点的に塗りその他についてもクリームを塗りました。

その後、豚毛ブラシでブラッシングしてクリームを馴染ませます。

最後に余分なクリームをクロスで拭き取ります。さすがのコードバンクリームでも多少余計なクリームが残ってしまっていました。
しかし、他のクリームに比べると圧倒的に少ないです。
他のクリームだとこの工程のときにほとんどクリームが取れて傷が見えてしまうんですよね。

今回はついでに靴の内側のケアもしました。百均にあるウェットティッシュで靴の中のホコリを取ります。

思ってる以上に汚れが取れます。

ケア後はこちら

ケアした後の写真です。

細かい傷がうまく補色され目立たなくなっています。

内側に出来た大きい傷を消すには至らず。

調子に乗って塗りすぎてムラが出てしまいました。

まとめ

今回、初めてガラスレザー用のクリームを使いましたが本当に期待以上です。
今までケアを諦めていたガラスレザーが蘇って愛着が復活しました。

エムモゥブレィさん。良い商品をありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です