スコッチグレイン 匠シリーズの経年変化をレビュー(着用歴5年)

早くも購入してから5年が経ったスコッチグレインの匠シリーズの経年変化をご紹介します。

こちらの靴は着用頻度も高くお気に入りの靴の一つです。

経年変化の様子

経年変化の様子にお紹介のまえに、購入当初の写真を載せておきます。

ご覧の通り、少し赤みがかった色をしていました。

しかし、5年間、履き続けクリームも色つきのものを使ったことで、だいぶ色が変化してきました。

ヒール部分も特に目立った傷もなく、エイジングが進んでいます。

靴の内側部分も他の箇所同様に色味が変化しています。

甲の部分は履きシワが入っています。

トウは、コバが削れてきています。
こちらは補修が必要そうです。

ソールはトゥのみ張り替えました。

ヒール部分は購入当初のままですが、まだ刻印が見えるなど耐久性がかなり高いです。

ライナーはかなり削れてきています。

こちらも修理が必要そうです。

まとめ

購入から5年が経ち、アッパーの革はかなりいい感じに経年変化してきています。

しかし、トウやコバ、ライナー部分などの革以外の部分はダメージが目立つようになってきました。

スコッチグレインは匠ジャパンといスコッチグレインの修理を専門で請け負ってくれるサービスがあるので、今度、頼んでみようと思います。

しかし、5年間経ってもしっかりと普段使いが出来る靴は本当に素晴らしいですね。

一生モノとしてこれからも大切に履き続けていこうと思います。

おすすめの記事