CHEANEY(チーニー)のALFRED/アルフレッド 定番の黒ストレートチップとして大活躍の予感

1年に何度か来る靴欲しい欲。
略して”靴欲”。

そんな靴欲の赴くままに
新しい靴を購入しました。

それも、こちらの記事で書いた
ダブルモンクではなく、

  • 定番として使いやすい黒のストレートチップ
  • 多少の雨でも使えるダイナイトソール

という条件を満たす靴を購入しました。

そんな時に出会ったのが
CHEANEY(チーニー)のALFRED/アルフレッドです。

今回のブログでは
こちらの靴についてご紹介したいと思います。

この記事がおススメの人
  • CHEANYのALFREDがどのような靴か知りたい
  • 定番の黒のストレートチップを探している
  • 靴欲を満たしたい

CHEANEY(チーニー)とは

靴の紹介の前にCHEANEY(チーニー)が
どのようなブランドかご紹介します。

CHEANEY(チーニー)は
正式名称がJOSEPH CHEANEY (ジョセフ チーニー)といい
略してチーニーと呼ばれる事が多いです。

ジョセフ チーニーは、1886年に英国靴の聖地とされるノーザンプトンで創業。1896年に工場を現在地に移転して以来、レザーのカッティングからファイナルポリッシュまで、すべての工程を当時から続く工場で行っています。

JOSEPH CHEANEY公式サイトより引用

創業が1886年と歴史と伝統のある
イギリス靴ブランドです。

当然、作られる靴へのこだわりも強いです。

カッティングからファイナルポリッシュまで全ての工程をノーザンプトン州の自社工場で行ない、“PURELY MADE IN ENGLAND”を貫くジョセフ チーニー。高いスキルを持つ職人が1足8週間もの時間をかけて、160以上の工程を経て完成します。

JOSEPH CHEANEY公式サイトより引用

全ての工程が自社工場で行われ
1足に8週間もの時間を掛けて作られています。

また、英国伝統のグッドイヤーウェルト製法で
作られているため、ソールの交換も容易で
一生履き続けることができます。

アルフレッドとは

続いて今回購入したアルフレッドについてご紹介します。
チー二―には2つの定番ラインがあります。
それが「125コレクション」と「シティコレクション」です。

125コレクションはチー二―の創立125年を記念した開発された
比較的新しいラストを使ったラインです。

125コレクション。左よりWILFRED(ウィルフレッド)のブラック、モカ、ALFRED(アルフレッド)のブラック、ARTHUR Ⅲ(アーサーⅢ)のブラック。引用元

その125コレクションのストレートチップが
今回購入したアルフレッドです。

125コレクションはウィズがFなのに
対してヒールがDハーフになっているため
踵が小さい現代人に合うと
言われています。

実際に足入れしたら確かに
ピッタリと合いました。

購入した靴をご紹介

それでは、今回購入した靴をご紹介します。

箱から漂う高級感。

チー二―はロゴがカッコイイですね。

サイズは6ハーフです。

高級靴特有の1足ずつ袋に入っている仕様。
ALDENで知りましたが最初は衝撃でした。

箱から出しました。

袋から出した姿がこちらです!!

何か特徴があるわけではなくシンプルなデザインです。
だからこそ、革の素材の良さが際立ちます。

サイドもシンプルです。

ヒールはこのようになっています。

そして、ソールは今回の購入の条件だった
ダイナイトソールです。

レザーソールに比べて多少の雨でも滑りにくく
安心して履く事ができます。

まとめ

”靴欲”の赴くままに買ってしまったチー二―のアルフレッド。

  • 黒のストレートチップ
  • ダイナイトソール

という条件を満たしており、足にもフィットし、
私の靴欲を満たしてくれました。

完全な雨用靴とはいきませんが、通りすがりの
多少の雨なら耐えられる靴なので
登板頻度も高くなると思われます。

これからも大切に履いてしっかりと育てて
いきたいと思います。

実は・・・

既にお気づきの方もいると
思いますが、こちらの靴、
新品ではありません。

靴の購入方法についても
別の記事でお伝えできればと思います。

おすすめの記事