SAPHIRのレノマットリムーバーで靴をすっぴんに。

お気に入りの一生モノの革靴は手入れが楽しくて、ついつい必要以上に手入れをしたり、クリームを塗りすぎたりしてしまいます。
今回はそんなクリームを塗りすぎた人間の化粧で例えると厚化粧をした革靴をすっぴんに戻して栄養補給をしていきたいと思います。

厚化粧をし過ぎた靴はこちらのREGALのストレートチップです。

サフィール・レノマットリムーバー

ちなみに、普段は汚れやクリームを落とすのにこちらのエムモウブレイのステインリムーバーを使っています。

ステインリムーバーでも汚れは落ちるのですが、鏡面磨きに使ったワックスなどはなかなか落ちてくれません。
そこで、より強力なリムーバーが必要になるのですが、今回、使用したのはこちらです。

サフィールのレノマットリムーバーです。

パッケージに書いてあるとおり強力な汚れ落としです。また、裏面には、注意書きが書かれており、可燃性であることや、使用時には換気が必要なことが書かれています。
可燃性についてはタバコでも吸いながら靴磨きをしない限り問題ないと思いますが、換気については要注意です。
こちらのリムーバー、本当に匂いがきついです。
例えるならプラモデルを作る時に使うセメダインの匂いです。
ずっと吸ってると頭がクラクラしてきます。使用時は換気に気をつけましょう。

汚れが落ちすぎる

それでは実際の工程をご紹介します。まずは軽くブラッシングしてほこりを落とします。

そして、レノマットリムーバーで汚れを落としていきます。クロスに少量取り汚れを落としていきます。
強くこすり過ぎると革にダメージが残るので優しくふき取っていきます。

右側がリムーバーで汚れを落とした状態です。前に塗っていたクリームが落ちてすっぴんの状態になっています。

両方の汚れを落とすとこんなにクリームが落ちました。ここまで落ちると気持ちいですね。

あらためて栄養補給

さて、すっぴんにしたらクリームで栄養補給していきます。
今回使用したクリームはイングリッシュギルドのビーズリッチクリームです。

ペネトレイトブラシでクリームを塗り、クロスで乾拭きします。
せっかくすっぴんにしたのに塗り過ぎて乾拭きしたときこんなにクリームが取れちゃいました。

乾拭きしてブラッシングしたものがこちらです。(右側)

ツヤが復活しましたね。このクリームはブラッシングだけでツヤがかなり出る気がします
そして、ワックスを塗り鏡面磨きを施します。

使うワックスはサフィールのあとに、東急ハンズとコロンブスのワックスです。
個人的には、こちらのワックスは光りだすのがが早くてオススメです

両足とも鏡面磨きをしました。鏡面磨きについては、修行が必要です。もっと光らせたい。

まとめ

手入れが終わった靴がこちらです。

クリームが浸透してキメが細かくなっています。また、履きシワも目立たなくなりました。

一度、すっぴんに戻すだけでこんなにクリームの吸収が良くなるんですね。
毎回、レノマットリムーバーを使うと靴へのダメージが残るので、数か月に1度、汚れを全部落として栄養を補給してあげるのが良いと思います。

コメントを残す