Resolute(リゾルト)710の履き心地レビュー!!

先日、こちらの記事でご紹介したResolute(リゾルト)710の履き心地レビューをしたいと思います。

念願のResolute(リゾルト)710をゲット!これから育てていきます。

購入したモデル

前回の記事で紹介した通り、一番オーソドックスな710を買いました。

店頭での試着時にウエストがパツパツだったのが気になるところ・・・

早速履いてみます!

履き心地は・・・

いきなり変な画像ですみません。

こちらが、普通に履いたときのウエストの感じです。

頑張れば一番上のボタンが締まる状態です。

ここで、コツがあります。

ZABOUの方に教えてもらったのですが、まず、この状態で、デニムを上に引き上げる。

イメージ的には、骨盤の上まで上げる感じ!

そこで、1番上のボタンを締める!!

最後に元のウエスト位置まで降ろす!!

そうやって履くと、なんということでしょう。こんなに隙間が・・・

これには、びっくりでした。意外とパツパツに見えても余裕があるんだなぁ。と感じました。

また、リゾルトのデニムはウエストが2Cmは伸びるとのことでしたので、この状態から2Cm伸びたらだいぶ余裕が出来そうです。

とりあえず一安心。。。

太もも部分についてもこの通り、シワが入ってます。

シワがある=余裕があるとのことで、ワンサイズ上げておいて良かったです。

シルエットなど

続いて、シルエットをレビューします。

正面から

正面から見るとこんな感じです。

購入したばかりなので、畳んでいた時のしわがついていて、若干、横に広がっています。

しかし、スキニーのように変に細くもなく、それでいて、太すぎない絶妙なシルエットです。

また、丈感も抜群です。ロールアップするとこんな感じです。

パラブーツとの相性が抜群です!

横から

横からはこんな感じです。

横からだとシルエットの綺麗さが際立ちますね。

お尻からストンと落ちる綺麗なライン。

太ももの太さも目立たなくなって良い感じです。

後ろから

後ろからはこんな感じです。

畳みシワがすごくてブーツカットみたいになってます。

しかし、このシワが取れると綺麗なラインが生まれるはずです!

ちなみに、こちらのデニムも畳み方はスラックス畳みにする予定です。

これで綺麗なラインをキープします。

上から

あんまり必要ないかもしれませんが、上から見るとこんな感じです。

まとめ

購入したばかりなので、硬さが残りますが、1日履くごとに柔らかくなっていく気がします。

また、リゾルトの良いところは革靴との相性が抜群なところです。

こんな風に、ショセのコードバンに合わせたり

スコッチグレインやローファーに合わせて週末楽しんでます。

夏になると暑くて履けないかもしれないので、今のうちにガンガン履いて育てていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です