アンダー3万円のbref(ブレフ)のオーダースーツをレビュー

このブログは、一生使える一生モノを紹介する事が目的でしたが、一生モノは高い!そんなに毎月一生モノを買えない!
という事で、一生モノとは呼べないかもしれないけれど、そこそこいいモノをポスト一生モノとして紹介したいと思います。

そんなポスト一生モノの第一弾はスーツです。

個人的にスーツで1番大事なことは、体型に合っているかどうかだと思っています。
どんなに高価な生地を使って、手のかかる技法で作られていたとしてもサイズが合っていなければ宝の持ち腐れです。

逆に、そこまで高いモノでなくてもジャストサイズのスーツは値段以上に高価に見えることもあります。
つまり、スーツで一生モノを手に入れるなら既製品ではなくオーダースーツがベストなのですが、高価な生地のオーダースーツは高い!

最も手のかかるフルオーダーの場合、20万からモノによっては100万のモノもあるそうです。。。
そこで、お手頃価格でオーダーが出来るスーツブランドを探していたところ、条件に合うブランドを見つけて実際にスーツを作ったのでご紹介したいと思います。

そもそもオーダーって?

ブランド紹介の前に、オーダースーツの種類について説明したいと思います。

オーダースーツには次の3種類があります。

パターンオーダー

既製品に微調整を加えて、体型に合わせたり、細かなデザインを変更できるオーダー方法です。元々ある型に微調整を加えるだけなので納期が早く値段も安いのが特徴です。

イージーオーダー

サイズの採寸後に型紙の中から合うものを選び、調整して仕上げるオーダー方法です。

パターンオーダーよりは値が張りますが、型紙からスーツを選ぶことができるので、より体型にフィットして見た目、着心地ともに良いものができます。

フルオーダー

テーラーによる採寸を経て型紙からその人にあったモノを作ります。

オーダースーツの中では最も高価なタイプになりますが、型紙から作り込まれたスーツはまさにオーダーメイド。着る人の歩き方や座った時の姿勢まで考慮されたスーツは最高の着心地であること間違いなしです。

bref(ブレフ)

それでは、本題の今回購入したブランドの紹介です。
今回購入したのは、bref(ブレフ)というブランドのスーツです。brefの特徴として値段の安さがあげられます。
なんと、28000円から作れるんです。既製品のスーツブランドでもそれくらいする事はざらなので、既製品と同じ値段でオーダースーツが作れる事はとてもありがたいです。

また、オーダーメイドの種類は1番安価なパターンオーダーになりますが、実際に採寸してもらって作られたスーツは既製品に比べると明らかにフィット感が違いました。

なお、brefの公式サイトではイージーオーダーという呼び方をしていました。

ブレフはイージーオーダー方式の“オーダーメイド”です。
既製服や、既製服の丈寸法を調整する、パターンオーダーよりも、寸法の調整範囲も広く、又ご体型上の不自然な着用ジワも軽減できるオーダー方式です。

引用元

採寸から購入・納品まで

採寸

店頭での採寸は、店員さんが首や胴回りお尻など、ポイントとなる箇所を手際よく採寸してくれます。その後、brefが取り扱う3モデルの中から自分のイメージに近いモデルのケージ服を着て仕上がりのイメージを固めていきます。

参考 bref公式サイトスタイル紹介

事前に3モデルが決まっているので店頭でも、各サイズの在庫が豊富にあり仕上がりに近いサイズで試着が出来るので、初めてのオーダーでも安心して作ることができます。

生地選び

店頭の生地を実際に手に取りながら選んでいきます。今回、私はネイビーで柄モノを探していたのですが、丁度イメージに合うチェック柄の生地を見つけたのでそれにしました。

28000円の生地なので、ストレッチが入っていなかったりと機能面で見劣りがありましたが、サイズがピッタリならストレッチも無くて良いかと妥協し、値段最優先で決めました。

デザイン選び

brefのオーダーでは、ポケットの形やステッチ、ボタン、ベント(スーツの後ろの形状)等も選ぶ事が出来ます。
このようなデザイン選びは自分の好みを反映させる事が出来るので選んでいて楽しいです。

購入・納品

デザインを決め終わったら代金を支払い納品を待つのみです。納品方法は店頭での受け渡しの他、郵送も選ぶ事が出来ます。

brefで値段の次にビックリしたのが、納品の早さです。
なんと購入から2週間で自宅に届きます。
通常のオーダースーツ納期が1か月程度であることを考えると驚異的な早さです。
これもパターンオーダーの1つの強みだと思います。
既存のケージ服から作るため納期をこれだけ短くできるんですね。

購入したスーツ

実際に購入したスーツがこちらになります。
ネイビーに薄いチェックが入った柄を選びました。

採寸して微調整をしてもらったのでフィット感は抜群です。
また、私はウエストの割りに太ももが太いため、既製品だとウエストを大きくするか太もものピチピチ感を我慢するかという二者択一をいつも迫られていましたが、brefではそんな問題もあっさりクリアです。

これだけでもオーダーした甲斐があります。パンツのすそもお気に入りの靴が良く見えるように気持ち短めにしています。
裾が長くてクッションが出来ると野暮ったく見えるんですよね。

後ろはダブルベントにしました。

また、腕の長さもぴったりに合わせてもらえるので、袖口から見えるシャツの長さもばっちりです。

ポケットはチェンジポケットにしました。

裏地はこんな感じです。あまり派手にせず控えめにしました。

また、既製品でも可能ですが、反対側にはネームを入れてもらいました。
ネームがあるだけで愛着が増すのが不思議です。

まとめ

最初は値段の安さが心配でしたが、納品されて実際に着てみるとフィット感や細かいデザインに自分の好みを反映出来るオーダースーツにとても満足です。

耐久性については、これからワンシーズン来たあたりでまたレポートしたいと思います。

既製品とほぼ同じ値段でオーダースーツが作れるbref。オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です